働きながら公務員を目指した勉強法と2次試験対策

試験に合格すべく対策と勉強法を考え筆記試験に合格

その1つ目は「数的処理」で、ネットなどで調べてもこの科目に対する攻略法や対策が多かったと記憶しています。
それらによると、全てを理解するよりも確実に出題されるであろう科目と、過去の試験を見たときに出題頻度が高い科目を重点的に行うのがよい、とのことだったので、ただひたすらにテキストと過去問を繰り返して覚えるようにしました。
2つ目は「経済学」でした。
私はもともと理系なので経済について深く勉強したことがなかったのですが、この科目を苦手としている人は少なくないようです。
合格体験記を見ても経済学を得意にしていると有利になることが多いとあり、特に力を入れて勉強しました。
ただ、経済学の問題はパターンがある程度決まっているようで、何回か過去問を繰り返していくうちになんとなく理解できるようになりました。
そして、いよいよ6月の試験が近づいてきましたが、これらの勉強を半年と少し続けた結果、目標にしていた地方上級と市役所の筆記試験に合格することができました。
実際に受けた感触としては地方上級は7割程度、市役所は8割程度はできたような気がします。
予備校に通う人が多いなど難関な公務員試験でしたが、1回で筆記を合格できたのは何と言っても友人から貰った予備校のテキストが大きかったです。

民間企業で働いていたが収入が不安で公務員を目指すことに試験に合格すべく対策と勉強法を考え筆記試験に合格2次試験対策はあまり準備できなかったが市役所には合格